前へ
次へ

鍼灸治療についての基礎知識

鍼灸治療の鍼の施術についてですが、 非常に細いステンレス製の鍼を経穴へと刺入することになります。刺入するための方法は、主として管鍼法といって円形の金属または合成樹脂製の筒を介して無痛の状態で刺入することになります。ちなみに、局地的には、中国で実施されている方法という形で筒を使用しないでに鍼を親指及び示指によってつまみ刺入するテクニックもあります。経穴に刺入している鍼はそれ相応の刺激を加え素早く抜く方法と10から15分置いておくケースがあります。それに加えて、刺入している鍼に、弱い低周波パルス通電を実施するケースもあり痛みや血液の流れの促進に効果が期待できます。この他、刺入しない状態で皮膚へと接触させたり押圧させたするテクニックもあります。小児鍼という形で乳幼児の夜尿症などに実用的です。そして消毒は、今では、高温高圧式滅菌装置や化学的なシステムで安全を期しています。また、1回きりで使い捨てのディスポ鍼の一般化により安心することができます。 灸のやり方に関してですが、もぐさを介して経穴に熱刺激を持たせるアプローチで一般的に言って、やいとと呼ばれています。これについては、ダイレクトに皮膚の乗せ着火させてしまう直接灸及び間を空け実践する間接灸とに細分化されます。施灸した後は、皮膚において水泡が出来たり灸痕が残ってしまいます。他に、灸頭鍼と云う方法であるとか、刺激源を遠赤外線やレーザーとする機能的な鍼灸治療の試みも具現化されています。ただ単に体に刺すだけに限定できません。どの部分に刺すか、それから患部の状況によるものの、刺した後鍼を動かすなどケアの内容は違います。以上のような施術でどういう理由で医療になるのか疑問視するかもしれませんが、しっかりした根拠は存在します。 患部のツボへと鍼を刺すことを通して与えられた刺激そのものが、免疫系などに作用することから、効き目が出てくるということができます。それに加えて血の巡りやリンパの代謝サイクルを引き上げることにより、緊張がほぐれる、患部の苦痛の解消をします。

満席な痛みや不調でお困りの方はこちら
PCの見過ぎで目が痛い、腰痛に長年悩まされているなど、そんな症状がありましたらみたち接骨院へお越しください。

ここよ良い治療を提供する行徳駅すぐのみなと歯医者
痛みが少なく治療してよかったと思えるように施術します

健康な歯を傷つけずに虫歯等の治療を行います
精密治療が可能なため、肉眼で見えない部分も確認したうえで病変部位だけ治療できます。

久地 歯科

ワイヤーなしの歯列を正す
見た目が気にする必要がなく、歯並びをきれいにできます

Page Top