前へ
次へ

広く活用されつつある鍼灸治療

鍼灸治療というのは中国がその発祥地です。その後に朝鮮半島を通して日本に伝わり、古い歴史を持つ伝統医学の一つでもあります。鍼灸がこれほど長い歴史を持った背景には、手軽に治療を受けられることや効果に即効性がある点が挙げられるでしょう。また、東洋医学の思想である「心身一如」、つまり「心と身体は切り離せないものである」という考えが大きいとも言えます。つまり心に大きな悩みやストレスを抱えていれば、それが身体にも悪影響を及ぼすという論理です。鍼灸治療は、身体の表面に軽い刺激を行うだけで心身両方に効果をもたらしますので、ただ痛みを取り除く対処療法よりもはるかにメリットがあると言えるでしょう。かつては、鍼灸というと高齢者や腰痛・肩こりなどの痛みを抱えた人が利用するものというイメージがありましたが、現在ではアトピー性皮膚炎やぜんそくなどのアレルギーによる疾患、女性特有の不調や疾患、また癌の痛みの軽減など様々な症状に利用されています。また美容の世界でも注目されており、体が持つ本来の力を高めることで継続した美容効果が得られると言われています。

Page Top