前へ
次へ

鍼灸治療で効率よく腰痛や肩こりの対策をする

しつこい腰痛や肩こりを治療するにはまず何よりも入浴をすることは重要であり、これを怠ったままではどんなことをしても効率のいい治療ができません。なぜかというと入浴によって肩や腰の血行を促進させ、それによって患部の治療を行うことができるからです。鍼灸治療は鍼で患部を刺すというやり方で、なぜこれが効果を発揮するのかと不思議ではありますが、実質的には入浴と同じ効果をより効率よく実行しています。患部に鍼を刺して該当する部位に刺激を与え、それによって体が腰痛や肩こりに対して真剣に新陳代謝を実行し、血行が非常に良くなるのです。鍼灸治療は基本的に鍼でさして終わりですが、その状態で鍼にお灸を行い、患部に直接熱で刺激を与えることがあります。これは非常に効果が高く、早ければその日のうちに肩こりや腰痛が完治し、さらには体の調子もよくなるのです。肩こりは頭痛の原因にもなり、腰痛はひどくなると歩けないほどになるので、ストレッチと入浴でなかなか良くならないときには鍼灸治療を実行しましょう。

Page Top